2007年10月30日

Professionalな判例六法



有斐閣の判例六法Professionalが出ましたね。

今までの小六法に代わる中型六法に判例を付けたものであるようで。
また、2分冊にして持ち運びやすくなったり、デザインがシンプルながらファッショナブルとなったり、中身が2色刷になって見やすくなったり・・・。

とりあえず、見た感じの感想なぞ述べてみた。まだ、自分は買ってないのですが、それほど悪くはなさそうですね。



買っていない理由としてはこのリニューアルする通常版の判例六法も気になるのですよね。コンパクトになったし、やはり2色刷になる辺りはこっちでも良いのかなとも思うのだが。どうなんでしょ?

2007年10月13日

改札スルー

朝起きてみたらまさにこの改札トラブルのニュースが流れていた。最初はテロかゲリラか?とか思ってしまったが、そうではなかったと理解するのは早かった。

私の使うルートだと、O田急に異常なし、新宿の乗り換え改札はO田急の機械は動いていた念のため乗り換え改札ではなく、小田急出てJR新宿駅へ。
071012TroubleKaisatsu.jpg
JRの改札は見事にストップ、スルーで通る
目的地の方は復旧済み。通ってない人は別の出口から出す
と言った具合だった。

原因は改札機とサーバでデータのやりとりをする際に改札のICカード判定部に不具合が生じ、起動しなくなったと言うことのようで。しかも、日本信号製に限るという日本信号には痛い話。
早い段階では8時過ぎに、うえちゃんの「お早うGoodDay」(ニッポン放送)で鉄道ジャーナリストの川島令三氏が出て、改札機とサーバのデータのやりとりをするソフトウエアのトラブルではと言っていたが、ほぼ当たりのようだったのね。

ダイヤに実害はなかったし、定期圏内だから特に困ったことはなかったけど、チャージ部分使うとなると(定期でも言えるが)入出場の記録をちゃんとつけとかないと厄介なことになっただろうし。
当たり前に通っている改札口がこんなことになるとこうも不便になる物なんだな。コンピュータ社会の弊害だな、なんてな。

posted by Naru2 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

祝!巨人優勝

ジャイアンツが5年越しのV奪回を達成した

とにかく、ミラクルな5年ぶりの手(チョキ)優勝を決めた。まさにV奪回しました!!
最後は清水の執念のゴロが宮本のミスを誘ったか、実に劇的な優勝を決めてくれた!
もう、あの瞬間はとりあえず、発狂するほどわーい(嬉しい顔)喜ばせてもらった!

もう、本当に良くやった、清水!良くつないだ、矢野。そして、9回1アウト1塁であそこでは普通はあり得ないバントを腐らずにした二岡。みんな頑張った。そして、感動をありがとう



いやあ、実に喜んだ。優勝は凄くうれしいですけど・・・。

ただなあ、やっぱり9回1アウトのあの二岡のバントだけは許せないんだよなぁ
だいたいさぁ、2000年の優勝をこのドームで江藤の満塁HRのあとにサヨナラHRで決めた男ですよ。ドームで見てたファン、BS,CS等テレビやラジオで観戦してたファン、もしかしたらベンチの中含めて九分九厘あそこは二岡にHRや長打を期待していたはず。なのに、なのに、なんで、なんで、なぜバントなんだ???ありえねぇよパンチ

あの瞬間だけは「ちっ(怒った顔)ふざけんなよぉー!原むかっ(怒り)!!」とボルテージが上がっていたこともあって、怒りの感情爆発でしたね。何アホなことしとるんじゃ。最後の最後まで二岡を分かってない。あの監督は選手を見る目は0だったか。 某所で監督批判して原監督ファンから怒られるくらい監督を(若干)批判的に見ていた者としてはそう思いますね。

でも、最後はなんだかんだ言ってもどうにか結果オーライにして優勝を決める。なんだか、今年の原巨人を象徴するような決まり方だったななんて感じますな。

原巨人優勝と言われるでしょうけど、決して原監督のおかげだけではない。やはり、あの迷(?)采配をカバーできるだけの選手の力があったからこその優勝でしょう決して、原監督の采配や野球のやり方は正しかったなんて勘違いしてはいけないと思いますよ(まるっきり間違いだったということもないでしょうけど)。なんとなく、胴上げのとき、輪は広がったが、監督を上げてた選手の固まりがちと少ないかなと感じましたね。選手からの信頼はあるのかと心配も見えてしまったり。

なんとも、ひねくれた優勝を喜ぶ日記になっちゃったけどクライマックスシリーズもあるし、日本シリーズもあるだろう。反省も後ですることとして、今日の所は勝利のビール美酒に酔いしれようではありませんか。
posted by Naru2 at 01:55| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。