2005年12月31日

何を見て年を越すか?

 1年というのは速い物で、もう、大晦日です。色々あったなあと思いつつ、年越し蕎麦を食べ、普段見ない人でも今日くらいはテレビなぞ見る方もいるかと。
 唐突ですが、05〜06年への年またぎは、テレビは何を見てますでしょうか。我が家は初詣は元日の午前中(まさに元旦)に出かけるのが通例なので、年が変わる瞬間はテレビを見てます。ただ、毎年思うのは何を見てその瞬間を迎えることです。
 今年のラインナップを見ると(なお、番組表、ラテ欄についてはYahooテレビの東京版番組表をもとにしています。ちなみに、地上波のみと考えます。)


NHK「ゆく年くる年」:定番でしょうか。紅白の終わりの盛り上がりから一転して、「ゴ〜ン」という鐘の音と落ち着いたナレーション。
う〜ん、地味すぎてなあ。という感じ。


NTV「ナイナイの夢と笑いが丸い地球を救うのだ!! 」:また、今年もか。という感じでしょうか。ラテ欄を見る限り、どうせ、岡村が火の玉を受け止めて、その瞬間に年が変わり、しかし、そこにはハプニングが発生した・・・かのように見せて大丈夫でしたという流れか。・・・もう、飽きた。というか、ここんところはもう見てない。しかも、2000〜2001年にはカウントダウンをフライングして、年を越すという紛らわしい演出をしたよなこの局は。


TBS「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2005−2006」:誰が年越しの瞬間歌っているのかにもよる。サクサカーとしてはコブクロ兄さんや木村カエラが出ている点では見るかも知れない。


フジ「ジャニーズ全員集合」:たぶん、ジャニーズのカウントダウンライブであろう。誰が年越しの瞬間歌っているかにもよるか。ただ、私個人はあまり、興味ない・・・。


テレ朝「鶴瓶&ロンブー'05−'06お笑い!ゆく年くる年」:ラテ欄からではあまり、内容がつかめない・・・。これで、年越しの瞬間を迎えるか、かなり不明。いつぞやの年は見たとき、なんだか年越しの直前はぐだぐだな感じがしたし。


テレ東「生中継ジルベスター」:テレ東では恒例のジルベスターコンサートの中継。ここは年越しの瞬間に丁度曲が終わり、その最後の一音が終わった瞬間、紙吹雪(と思われる)が舞い、年が変わるという演出付きである。私個人としてはこの年越しは好きなので本当に年が変わる瞬間はここになると思う。しかし、これで年越しは好みがあるので家族の理解は得られにくい(笑)。これも地味と言われりゃそうだし。
ちなみに、今年はベートーヴェンの「交響曲第9番 最終楽章 マーチから」(要は、あの歓喜の歌)とのこと。


ついでに・・・tvk「年越し特番 1スタ初会合」:ここ何年かは会議室でセット無しという見た目低予算な年越しをするこの局。でも、04〜05年はゲストに森永卓郎氏と小西克哉氏という人間には金かけた(笑)のだが、今年はどうだろうか。一応、スタジオ使うようだし、森永氏とか、インパルスとかが出るらしいが。


さて、何で年越しするか。皆さんは如何でしょうか。
posted by Naru2 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11207253

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。