2006年12月24日

M−1を見たのだが・・・

だいぶ、更新出来ませんでした。レポート追われたせいで書く暇がなくってたらーっ(汗)。冬休みに入りましたのでまあまた書いていきます。

で、テレビをのんびり見たのだが、初めて「M−1グランプリ」をフルで見ました。
ただ、今回の結果は個人的にはどうかなという感じでございました。

(※ここから先は優勝したコンビのファンの方は読まない方が良いかと思います。
それと、あくまでも個人的な感想なのでそこんとこ、了承の上お読みください。) 
 
 
まあ、皆面白いのは確かなんだが、あまり笑えなかったのにこの結果??という出場者があった。


チュートリアル」である。


今回、第1ラウンド1位通過。最終決戦満票優勝を決めた。


だが、私含む我が家では全然笑いはなかった
なのに、圧倒的に優勝。正直納得がいかなかった。我が家では圧倒的に「麒麟」の方がうけていたのだが・・・。

終わってから我が家には「納得いかない感バッド(下向き矢印)」が漂った。

「何でこんなのが?」
「どこが面白いんだ?」
「吉本がこいつらを売り出したくって出来レースで優勝させたのだろう。」

と酷評が並んだ。

Yahoo見てみると「クリックリサーチ」では本命は麒麟だった。書き込みを見ても賛否両論(賛の方が多めだが)有るようだった。

たしかに、あのコンビは徳井さんのキャラがツボにはまれば面白いのかも知れない。でもキャラに頼りすぎてネタがそれほど面白いとは思えなかった

で、(我が家)はあのキャラがツボにはまらなかったせいか、うけなかったのだろうな。

う〜む、お笑いの評価その人の笑いのセンスや受けるポイントの違い次第だから仕方ないのだろうか。

でも、笑えなかったのにこれほど審査員がベタ褒めだとやはり、納得いかないんだよなあ・・・。
ラベル:M-1 M-1グランプリ
posted by Naru2 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。