2007年04月19日

新潟旅行記3日目〜あ、イタリアン〜

1日目2日目と来て、さて、3日目。朝食はホテルで済ませる。やはり、ただのご飯でも新潟だと違うなあと思う。荷物まとめてチェックアウトし、新潟駅へ行き、荷物をロッカーに預け、バスに乗る。

古町へいく。そのついでにちょっと回り道で「古町通」へ。
ここは「水島新司まんがストリート」となっており、水島新司作品のキャラクターの銅像が並んでいる。
070304YamadaTaro.JPG070304Iwaki.JPG070304Abusan.JPG

ちなみに、岩鬼の葉っぱいたずらが多く、夜の間は取り外されているそうだ。くれぐれもいたずらしないように。

そして、古町をぶらぶら。新潟大和で加島屋の鮭の瓶詰めを購入。

そして、ついでにNEXT21の展望台にも登る。そういえば、ラブラに負けじとこの中に入っているラフォーレ原宿新潟のチラシを配っていたなぁ。で、来週にはここで新潟ローカルの音楽番組の公録で木村カエラが来るというのを見て軽く歯ぎしりしたりしたっけ。

昼前には万代に再びもどる。ここでお昼を食べようと。
070304MIKADUKIItalian.JPG
万代バスセンター上にある「みかづき」のイタリアンである。
太麺の焼きそばイタリアンというだけあってミートソースをかけたものである。東京の方でも時々テレビで新潟独特のファストフードとして紹介されていたのだが、前日の新潟ローカルの情報番組で見て思い出した。
これが意外と合う。ソースにトマトソースがお互いを主張しすぎず、いい塩梅となっている。ちなみに、そのほかにもカレー味やホワイトソースのイタリアンもある。東京から新幹線乗ってきてまで食べるファンも多いらしい。次来たときにはほかの味も食べたいと思う。

駅へ戻り、おみやげのとどめ。新潟特産笹団子などを買う。
YasudaYoguruto.JPG
そして、車内で飲むため、阿賀野市にある新潟の酪農発祥の地、安田のヨーグルトも買う。(安田だけにリバースとか思い出したあなたは藩士ですね。ただし、あれは対決列島の岩手のだが)
0703040keiTOKI.JPG
さて、0系でとき号が二つ並ぶという渋い絵面を見て、帰京である。おいしいものも食べたし、友人とも語らえたし、羽も伸ばせたし、いい気分転換になりました。
posted by Naru2 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅日記・お出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39310986

この記事へのトラックバック


Excerpt: イタリアン (新潟)イタリアンとは、新潟県中越地方|中越・下越地方|下越地域独自のファーストフード・ジャンクフードの一種である麺料理。カフェテリア型のチェーンストア|チェーン店で販売され、地元において..
Weblog: ファーストフードな仲間たち
Tracked: 2008-02-18 13:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。