2007年07月30日

参議院選挙で審判下る

29日の日曜日、思わずテスト勉強の手も止まり、参議院議員選挙の開票特番花盛りの状況のなか(オーバーな言い方だが)国の行方を見守っていました

もちろん、投票もしました。昼頃に入れてきました。夕方には大雨、雷もあったので早めに行って正解でした。

しかし、民主60議席と伸ばしましたね。各社の出口調査での予測の時点で60前後の数字が並んだときは驚きました。
自民37議席とだいぶ落としましたね。予測段階でも最小で34(JNN)、多くて39(TXN)(なおNHKは予測できるだけの幅をだしているので除外)でした(ただし、37をピタリと予想した所はなし)。

年金問題政治と金の問題とその不祥事の噴出・・・。これだけのマイナス要素格差、労働問題郵政選挙と呼ばれた衆院選後に現れてきたマイナス部分もここで与党に対して吹き出た形でしょうか。

民主党が勝つことで今後の政治が好転するかはまだ何ともわかりませんが自民党(と言うか与党)のやり方に不満を覚えた人がかなりいたからこの結果となったのでしょう。この結果に大いに反省して政策を考え直してやってもらわないとなりません。


そして余談ながら、(国政の)選挙特番のあるときは必ず8時発表の出口調査に基づく予測をNHKからテレ東までメモするのが恒例としているのですが今回、どこがどれほど当てたのかを比較してみました。

結果は自民37、公明9民主60、共産3、社民2、国民新党2、新党日本1、無所属7 と言う結果となった。

で、メモした8時発表の各社の出口調査予測と比較してみた。一番当たってたのはTXN(テレ東)の5個でした。
公明と民主、共産、社民、国民新党の数を当てている。この前の衆院選では全部当てていたっけな。TXNの出口調査と分析力は実はすごいのかも(ちなみに、次点は4個でJNN)。
自民37をピタリと当てたところはありませんでした。近似値でNNN、ANNが38、FNNが36でした。


posted by Naru2 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50073711

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。