2008年04月24日

光市母子殺害事件差戻審に感じる量刑感覚

http://mainichi.jp/select/jiken/graph/hikari/
光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審が広島高裁であり、被告人に死刑の判決を言い渡した。


06年に最高裁が無期懲役の1審、2審の死刑を回避するほどの情状酌量理由がないとして高裁に差し戻して2年。差し戻し審での公判で被告人は一転して殺害を否認した。しかし、その主張はあまりにも突拍子もなく、判決文の言葉を借りれば「荒唐無稽な主張」だったと言える。
判決は死刑となった。今回のこの判決では死刑を適用することについて緩和されたとでも言えそうな判決であったろう。

死刑適用の基準としては最判によるいわゆる「永山基準」がある。1.犯行の罪質 、2.犯行動機、3.犯行態様(殊に殺害手段方法の執拗性、残虐性)、4.結果の重大性(殊に殺害された被害者の数)、5.遺族の被害感情、6.社会的影響、7.犯人の年齢、8.前科、9.犯行後の情状、を基準として考慮し、罪刑の均衡や一般予防の見地からも極刑やむなしな場合に死刑を許されるとしている。
今回の判決では、それまで未成年(18,19歳)の場合結果重大性の部分で4人以上で許されるとされていたが、成人同様2人で許されることとなった。むしろ、罪質、態様の残虐性や動機の身勝手さ社会的の影響が大きかったとして1〜3や6を重視したと考えられ得るが、一般人の感覚に近く、厳罰化の流れに即したとも言い得るだろう


しかし、主張について、これは本当に本人の真の供述なのか、弁護団が作り出した筋書きだったのだろうか。むしろ私は後者と感じるが、だとしたら本当に非難されるような荒唐無稽な筋書きだったろう。確かに弁護団が被告人を守るのは役目であるし、世論を気にして尋問の答えを作るものではないのは分かる。しかし、あのような虚偽の弁解では反省も感じられないし、信用は得られなかったのは当然なのかもしれない。
そのあたりは判決文にも表れたと思える。判決文の書き方も世論に近く、というか、むしろ弁護団や検察の要旨に一つ一つ応答しながら世論で思うことを裁判所が書くとこういう言い方になると言ったような強い書き方にもなったとも思える。

裁判員制度が来年5月には施行されると言うが、一般人感覚の量刑感覚となることができるのだろうか。しかし、基準が緩くなった分個々の事案によって死刑を判断することとなるという見方もあり、裁判員が死刑を選択しやすくなったようで実は選ぶには勇気がより要るのではという見解も存在する。この判決による基準が裁判員の感覚に本当に近づけたと言えるものになるのだろうか。

なお、本件は弁護団側が即日上告している。とはいえ、最高裁は事実の審理というより法律審であるし、法令違背や判例に著しく反するものと言いにくいと考えられるだけに、長くならずに結審になるのではないだろうか。
posted by Naru2 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ミキティの靴は「川崎」で作られる

 「asahi.com」に掲載されたり、最近テレビで放送された話らしいが、トリノオリンピック女子フィギュアスケート代表の安藤美姫、村主章枝両選手のスケート靴川崎(しかも結構地元)の町工場で作られているとのこと。

 記事やテレビでの話によれば、両代表の靴の牛革の裁断や刃の取付などすべて同じ職人さんの手作業で行われているそうだ。
 その手作りに関するエピソードとしては、安藤選手の場合、昨年のグランプリファイナルの練習中に骨折した後、重さや柔らかさを変えずに強度を強くするためグラスファイバーを溶剤で密着させた靴をすぐ作り、送ったり、村主選手は5年ほど前から何度もこの工場に訪れ、職人さんが足のサイズを直接採寸し、木型からすべて作ったという。もちろん、この二人はここで作られた靴でオリンピックでも演技をするとのこと。
 ちなみに、もう一人の代表荒川静香選手は現在、外国製の靴を使用しているらしいがかつてはここで作られた靴で滑ったらしい。

 国内でもすべて手作業でスケート靴を作っているのはここだけだという。世界で活躍する選手を支えている靴をまさか、我が地元の町の、本当に住宅地内にある小さい工場で作られているとは・・・。非常に驚きました(゜o゜)。

 女子フィギュアは当然注目の競技ではありますが、この話でより一層注目しようと思います。そして、おらが町で生まれた靴でぜひ、金、銀、銅有料メダルを取っていただきたいものです。
頑張れニッポン
posted by Naru2 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ホリエモンピンチ??ライブドアに家宅捜索

 久々のニュースカテゴリです。

 新聞等によるとライブドア関連会社によるM&Aに関して、証券取引法違反容疑でライブドア本社や堀江社長の自宅などに家宅捜索が入ったとのこと。容疑は証券取引法158条違反のいわゆる「偽計」と「風説の流布」容疑

 ライブドアの関連会社が、ある出版社を株式交換で子会社化したが、実はその4ヶ月前にライブドアが実質支配していた投資ファンドが既に子会社化していてその後、関連会社が子会社化したと虚偽発表した「偽計」とその関連会社が利益が出ていないにも関わらず、利益が出たように決算書を粉飾し、虚偽の発表をし、株価を引き上げたとする「風説の流布」の疑いである。

 本記事を書いている時点で捜査は現在も続いているようだ。某局でコメンテーターとして法科大学院の教授が二人(それぞれ違う所だが)並んでいたニュースをはじめ、何局かを見ていたが、大分前から地検の内偵が入っていたようで、これから堀江社長との関連やこれを入口として、他に事件が有るのではないかとも考えられるようだ

 株式の時間外取引でニッポン放送株を大量購入してひんしゅくを買ったり、1株を100分割を年に3回繰り返し、計1万分割して株価を上げてたら、東証から株式の大量分割について指針を出させたりと、合法だけど法の穴を突いて、買収や株式の分割をやってきた「異端児」ではあったライブドア。それが今回はお得意の企業買収で一線を越えてしまったようで。

 分割で株価を上げて資金調達し、どんどん企業を買収して大きくなっていくやり方が得意だとはいえ、「このやり方で本当にもつのか。」「いつかしっぺ返しがあるのでは・・・。」と思っていたがしっぺ返しが来たと言えるだろうか。ただ株価を上げるのに風説の流布や偽計を使ったらねえ。こうなるのは「想定外」だったのか。それとも「想定内」だったか?

 まだ捜査の段階ですし、どのような結果になるか。今後の捜査の行方を見ていましょう。


↑(参考までに)証券取引法の本です。(ちなみに私はまだこの科目は取ってません。)
posted by Naru2 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

解散!

衆院解散、総選挙へ…9月11日投票

 ニュース等で言われてたとおり否決されましたね。私個人の意見では郵政以外にもやることはある上に、何だか首相の意地で郵政民営化だけは通そうとしているように見え、否決し、国民に信を問うのはよかったと思う。

 でも、小泉さん、公約(?)は一つ守れるかもね。「自民党をぶっ壊す」って。分裂で壊れそうなだけに(笑)。これぞ本当に「♪積み上げたものぶっ壊して〜」(スキマスイッチ「全力少年」より)ということになるんでしょうか。今後の政局は波乱の様相でしょうね。選挙しがいがあると個人的には思います。
(なお、筆者はいわゆる無党派層であることを付記しておく。)

 で、これを法科大学院生らしく(?)考えると、
 憲法7条に基づく解散である。69条では内閣不信任案の可決か信任決議案の否決に限られてしまい、妥当でない。そして、7条を根拠としても恣意的な解散は許されない。では、今回の解散はどう取るか、今回は重要案件が否決され、実質的に不信任決議案が可決されたと同視できるとし、解散したと考える。(参照:戸波江二「憲法」)

 これを書いている時点では否決され、閣議が行われているところで、この後、天皇の詔書をもらい、衆議院本会議で詔書が読まれ、解散する運びである。
posted by Naru2 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。