2005年08月23日

(受験の思い出?)ステートメントを書く!

 こうして、法科大学院に入って勉学に励み、レポートに苦労しているが、去年の今頃はステートメント(以下、ステメン)書いてたなあ。と思い出されるわけで、と言うことで私なりに感じたステメンのコツを。

 1.とにかく早く手を付ける。

 今頃言われても。とかつっこまれると何とも・・・。でも、これは本当に実行してほしいですね。私は某C大学のローを受けるとき初めてステメンを書いたのですが、書き始めたのは
願書受付開始の1週間前


 そして、これではきつかった

 1日の間に何度も見直し、word(wordなり、一太郎なりワープロソフト使うのもコツ)で打ち直し、結局、5日間で数十回見直し、書き直し、やっと上がりました。早く手を付ければそれだけ考える時間もありますし、十分準備できますし。もうそろそろ書かなきゃというあなた、さあ、今すぐお電話を。やりましょう。

あ、まだコツ書くからちょっと待って(笑)。


 2.志望理由は何か、分からんかったらとりあえずA4を1枚用意

 要は何かといえば。具体的な理由、エピソードがないときに特におすすめですが、例えば、ステメンの問いによくある「法曹になりたい理由」と有れば、「法曹」というキーワードを真ん中に書き、そこからフローチャートの如く、思いつくものを書く。方々に散ってよい。そうしているうちに何か見つかるはず。
 アバウトな言い方ですが、一つの流れが自然と出てきます。4つの部分に分かれているような形のステメンなどでどう答えるか分からないときに使ってみては。なお、紙の大きさはあなたの自由です。


 3.ステメンの参考書に載っている見本等の書き方、論の進め方を盗む。

 もちろん、パクリではいけない自分の書く内容に書き方、論の進め方に合わせて書けるか見てみる。あとは言い回しなど、参考になるところを自分のものに生かす。 ちなみに、私は某予備校でもらった合格者の実物(もちろん一部修正はあるが。)の志望理由書集を参考にしました。

 他にもあるかも知れないけど、私なりには書く段階ではこんなことをした、反省したと言うところでしょうか。少しでも参考になれば・・・と思います。

2005年08月21日

新会社法の準備(書評付き)

 レポートが土曜日に終わり、肩の荷が下りたので、秋学期の科目でもある新会社法の本を探しに行った。


まず、会社法の条文集。これは授業でも使うので必須。現行法からの逆引きができるところや、重要条文にポイントや解釈における注釈が書いてあり、使いやすそう。あとは値段が手頃でよい。


 条文集だけでなく、新会社法を簡単に予習するためこの、「山田真哉のつまみ食い会社法」を買ってみることに。「さおだけ屋はなぜつぶれないのか」の山田真哉さんが書いた本。新法のポイント、大きな変更点を30個ピックアップし、図解や漫画でわかりやすく書いてある。文章も簡単に書いてあるので法律初学者でも読みやすくてよい。
 そう言えば、この山田さん、新法のポイントにもなる「LLP」(有限責任事業組合)を創設するそうで。

 ちなみにLLPとは出資者が責任をその出資分のみ負い、直接事業を執行する団体のこと。そして、税金はLLPは会社ではないため、その個人にかかる。まあ、会社と組合の合いの子のようなもの。と、とりあえず本から「つまみ食い」してみました。まあ、詳しくは本を読んでください(笑)。

ちなみに「さおだけ屋」はこちら↓。
続きを読む

2005年08月18日

俺の話を聞け〜♪

 法科大学院のオープンキャンパスを手伝ったとき。私はいわゆる在校生への相談会の相談員を受け持ったのだが、隣のパートナーが凄かった。

 同じブースで質問を受けていたのだが、始まってすぐこのブースに質問に来た受験生がいた。

しかし座ったが最後だったがく〜(落胆した顔)



 隣のパートナーが口火を切った。学校の雰囲気に始まり、授業・カリキュラムのこと、教授のこと・・・入学案内のパンフレットを基にパートナーは話し、私が意見や補足、別の意見を挟む形で最初は進んだ。

 そして、20分後、私はもう1人質問に来た受験生を相手した。一通り、説明、質問に答え、20分ほどで私が担当した受験生は終了。


だがはまだ話している。



 もう1人を相手している間に、話は入試のことになっていて、未だに続いていた。小論文のこと、ステートメント(最近は略してステメンと言うそうで。)のこと・・・。ゆうに相談会が始まってから1時間は経過。だが、話は終わらず。内容はこの院の入試説明と言うより、予備校の如くステメンのコツ、小論文のコツの指導になっていた。

 周りのブースが全部空いてもなおも続く、他の相談員は苦笑いたらーっ(汗)。何とか、総括的なことを言い、ブレーキをかけたかったがかからず、他からはさすがに「長いよ。」とツッコミ
 そして、事務局から「そろそろ・・・。」と合図がかかってようやく終了。開始から1時間半が経っていた。

 パートナーの話の内容は意味のあるものなのでよかったのだが、ただ、話を聞いていた受験生はさすがに疲れたあせあせ(飛び散る汗)ようにも見えた。心からお疲れ様と声をかけて送り出しました。

 はたして、この子はこの法科大学院を受験しにくるのでしょうか。話に感銘してくれれば来るでしょうが、そうでないと、お客さん一人逃したかも知れない・・・たらーっ(汗)。いや、予備校のような指導だっただけにむしろ、よそで受かっていたりして。

 ちなみに、俺の話を聞け〜♪なだけに、↓

2005年08月15日

夏休みの中休み!?

 世間はお盆休みと言うことで帰省ラッシュや行楽地に出かける方が多くいるようで。そんな中でも、私の所は休みとは名ばかりである。

 今週は忙しくなりそう。補講はあるわ、レポートの提出(3本あせあせ(飛び散る汗)もある。

 それはそうと3本のレポートはどうなるか自分でも分からん。どうも、補講もなかった中休みのような先週のうちにある程度やればよかったのだが、どうも直前にならないとエンジンがかからない性分で・・・がく〜(落胆した顔)
 学期中もレポートはそんな感じで出してたな。このブログを読んでいる皆さんはどうでしょうか。私の周りはほとんどそんな人だったりしますけど・・・。

 そんなこんなでブログ開設1週間となりました。今週も、そして、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。