2007年07月04日

キャンプイン

分かる人は「あれか。」と思うことでしょう。

運動不足がちになり、また、余分な肉が付いてきたなという感じになってきたこともあり、最近流行の「ビリーズブートキャンプ」を家族そろって初めてみることとなりました。

すでに、10日(の内7日)ほどやっていますが・・・、

1週間集中プログラムとはいえ、基本プログラムだけで1週間(帰宅時間の都合上、2日やって1日休んでいたペースなので)やってました。(我が家の親がここをみっちりやらないときつそうと言うことでもあって前に進まなかったのです。)

で、いい加減、次行こうということで今日になって、ようやく応用プログラムに入りました。


やってみて思ったこと。
基本編の動きがまた出てくる一方で、それに他の動きを組み合わせたような感じでしょうか。基本を7日もやれば動きはつかみやすい。

しかし、なんと言っても、ふらふらきついっっ!!

腕のやら足の筋肉が痛てて。そして、25℃設定でクーラー効かせても汗がだらだら。基本編と同じ55分だけどびんびん効くこと、効くこと「テンション感じるか?」「イエ〜ス!」な感じである。

考えてみれば、ビリー隊長が「大丈夫?」とか「気分はどうだ?」としょっちゅう聞いてきた。なるほど基本よりきつめなのを承知なんだろうな。

結果、これでもかと言うほど汗かきましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)。始めて10分程度で頭から汗が流れてきてたらーっ(汗)目に入るほどでしたし。終わってみれば、ランニングは汗を吸って重くなり、肌には張り付く。トランクスから短パンにかけて汗がじっとり。腹筋・下半身運動系で座っていたカーペットがじとじと湿っておりました。

多分、基本プログラムの2〜3倍は汗が流れた所でしょうか。

そして、55分間止めずにやって5割くらいついて行けたくらいでしょうか。やはり、ビリー隊長の声かけに思わずのってしまえたからでしょうか。終わった瞬間、ばたんきゅ〜でした。

確かに、効きそうですね。(念のため言うけど、回し者でも何でもないですけどね。)

posted by Naru2 at 03:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

これぞ、生の事案なんだな

先日、学校の課外実習とでも言いますでしょうか、クリニックの授業で法律相談の補助員として某首都圏の郊外の市まで行ってきました。

役割メモ相談者から相談内容を聞き取る仕事でした(ちなみに回答は大学院の教員が担当。一旦相談者退席の上、我々学生に回答を確認させて、合議して回答を考える場合もある)。

中身は当然、守秘義務があるので書けませんが、文章などでふれる事案と違い、相談者はどれが主要事実かとか、法律上必要な要件なんて知るよしもなく、ありったけの経験した事実を話すことが多く、ややこしくなることもあるわけで、我々はそこから主要な事実は何か、適用上必要な要素は何かをより分け、話に出てない前提となる関係やら要素を質問して聞き取ることもするのです。

当たり前のように、こう書いても実際は完璧にすべてを抜き取るのは容易ではありませんでしたね。

ただ、場数を踏むうちに何を聞くかとか、どういう相談でこの場合はこのことを聴こうとか文章から論点を抜き出すように見えてきましたね。特に現役の弁護士教員と組んだときには補充で聴いた質問から抜けた物が分かったり、聴き取り方がひらめきよく分かったものでした。

そして、中には本howto系の法律の本を読んである程度知識をつけ資料を大量に持って、そして分かりづらいところを質問するという人もいましたね。こういう人は事実関係がまとまっている一方で、質問は結構複雑な物になったりすることも多く、1コマの規定時間を30分ほどオーバーするような複雑な質問のオンパレードもあったりしました。

これが世間で相談される生の事実なんだなと実感して1日が過ぎました。

ちなみに、夏休みにまたあるんですけどね。今度はもう少し的確に消えるようになれるだろうか。

2007年06月19日

そして、武道館

070615KaelaBudokan_shoumen.JPG
と、いうわけで、15日、先週の座間に続きカエラ嬢の武道館でのライブ行ってきました。

先週、今週とこれがために、他の日に準備、復習の分量を配分してみたりしたせいか、体に多少暑さが堪える日でした。

070615KL_Tayasumon.jpg
授業終わりで車(セダン)タクシー飛ばして14時半着だったが、グッズ売り場は大盛況、入るまでに20分くらいかかりましたね。
とりあえず武道館版のスペシャルTシャツと記念のカップ&ソーサーを購入。結構大散財したけど、まあ、記念すべき武道館だし、良い物買えたと思う。

さてさて、開演となったわけで。曲は先週の座間とほぼ同様ではあったけど、ここは武道館。万単位のファンが全体でタオル回す様、腕振る様は圧巻。一体感をより感じた。
演出も同様の物もある一方で、もっと派手になってみたり(たとえば、『snowdome』では雪が降るみたいにぴかぴか(新しい)キラキラと紙吹雪を降らせてみたり)。やはり、大きい箱だとできることが違う。

2階席だったわけだけどステージは左気味からほぼ正面に近い状況で全体見渡せるし、カエラ嬢の動きも分かる。まあ、表情は双眼鏡かスクリーンで見ることにはなるが。
オチがない(笑)ふと思い出した保育園時代の話という長いMCをやってみたり、客にかけ声を振ってみたり、お嬢もノリノリ(古い表現かexclamation&question)。武道館を思いっきり満喫する一方、アンコールでは思わず感激のあまり涙を流す一幕も。

色んな人々に感謝しつつ、感激で涙が出る様は感慨深かったですね。私はsakusakuに出てた頃から木村カエラを見てて、ファンとして今に続くわけだけどもそりゃ、武道館で歌えるアーティストにまで成長するなんて、あの荒削りな頃からすれば親心みたいな物でこちらもうれしいもので。
sakusakuの頃から応援してて良かったなあ、なんて今日のライブで思いましたね。


おまけ
そういえば、開演前の注意事項アナウンス。あれ、J-WAVEニュースルームの梶山さんだったよなぁ。
OH!MY RADIO」聴いてないと分からないネタですね。

posted by Naru2 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

座間で上がってきましたってばぁ〜

6月8日にハーモニーホール座間での木村カエラのライブ行ってきました。
実は、木村カエラのソロライブは初参戦でして、どんなものか楽しみに参戦しました。

ホールでのライブとはいえ、始まった瞬間からオールスタンディングでした。客としては席というか立ち位置が決まっているだけな感じでしたね。

だいたい、アルバム「scratch」の曲中心でしたね。あとは主にシングル曲をガンガン歌ってました。
ライブが始まり、2曲目頃の「circle」ではグッズ売り場で買ったタオルを早速ぶんぶん振り回したり、「Magic Music」で(できるだけ)高くジャンプしてみたり、お一人様ではあったけれども、跳んだり、腕を振り、タオル回したり、大盛り上がりしてきました。まあ、周りも、ホールの上の方までみんなのっていたので良かったですが。

で、また、座席が前の方だったので、まあ、カエラ嬢が近くで見える。
髪型が最近のポスターより少し短めのボブで、それはそれでかわいらしくて良い。そして、カエラ嬢にとってここからが初のホールツアー、その最初のホールと言うこともあり、バック含むメンバー全員燕尾服風の衣装だったり。
しかし、近くから見ると小さいけれど、ものすごいパワフル。動く、飛ぶ、ギターも弾く。曲もパワフルなのもあるし、「Snowdome」「ワニと小鳥」のように聞かせるタイプもあるし、曲数も充実しており、前からライブを見ている人がクオリティが高くなっていると言われるのも納得でした。

で、今回、ライブハウスツアーでは新潟しか出演しなかったらしいギターのしのっぴさんがいましたね。見られて得した気分でしたね。そして、アンコールではライブ初出しの「Samantha」もアンコール歌ったし。私が好きな曲は網羅できていたから本当に楽しかったです。

070608ZamaKaelaFlower.jpg
そして、写真の通り、神奈川でのライブらしく「屋根の上の故郷」からも花が贈られてきました。終わりにはサクサカーが大挙して写メってました。


さて、来週は武道館もある。また、楽しむことにしよう。
posted by Naru2 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

待望の首都園上陸

忙中に閑ありというか、更新してないなあと思い、気分転換がてらに更新しようかと思います。

本業に関わるトピックスだと、今年度新司法試験メモまっただ中でございます。来年にはいよいよ受験なんですよね。来月の週末にでも択一だけでも実際の時間で起案しようという話も出てきているくらい切実さも増すという感じでしょうか。


さて、記事の本題。(気分転換もあるのでね。)

新潟の友人にお願いしてでも見た「水曜どうでしょう」の06年新作。全部見終わってないけど、そして、大泉洋がここまで有名になってもなかなかおもしろい。

この新作がいよいよ首都圏でも放送が決まったexclamation×2


公式HPのディレクター陣の日記によれば、

テレビ朝日関東ローカル)で、
三日月6月24日(日)の深夜第1夜〜第4夜
三日月7月1日(日)深夜第5夜〜第9夜を2週で一挙に放送するとのこと。

首都圏だとまず、tvkが最初に放送するかと思ったら、今回はテレ朝が本来持っている放映権(※)を行使したようで。04年のジャングルリベンジ以来ですな。

時間的には多分「Get sports」のあとで、2時間(2時間半)の特番になるだろうか。「やや欠け月オールナイトどうでしょう」の様相を呈するのは間違いないかな。

ともかく、首都圏の藩士にとっては待望の話でしょうか。録画しつつ、翌日の寝不足対策をしつつ見ないと・・・。

そういえば、同じseesaaブログを使っている、あの有名な「がんばれ、生協の白石さん」にも「水曜どうでしょう」の話題が出ましたね。藩士の方がひとことカードに書いたようで。

ただ、誰か、東京ではTOKYOMXで放送していることを教えてほしいですね。新作もやるからこれも教えてくれる藩士が農工大にいてくれれば・・・。



(※)・・・まず、どれほど正確かという保証はできないので参考までに。
wikipediaや方々で聞いた話ですが、関東では本来、系列のキー局であるテレ朝が「どうでしょう」の放映権を持つのですが、リターンズやクラシックは番販のシステムの都合やU局の保護に関する協定によりU局での優先的な放送が可能であり、U局で放送されている限り、テレ朝ではどうでしょうクラシックは放送できないそうです。
しかし、新作に関しては別のようで、まず本来の通りテレ朝に放映権があり、この権利を行使しない場合(多分、行使期限とかあるのではと思われるが、行使しない場合の明確な根拠は不明)や放映権行使後であればU局での放送が可能になると言うことのようです。
posted by Naru2 at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

模擬裁判

GWが終わろうとしています。私の場合はカレンダーよりも1日休みが少なかったですね。

さて、授業の中に模擬裁判という物があるのですが、これはやはり、法科大学院らしい授業ですね。学部ではなかなか経験できないことも多く、モチベーションが上がりますね。まあ、実務系の科目ですから当然でしょうけど。

まず、元判事の先生の授業で判事が着用する「法服」の実物を見させていただきました。ご存じの通り、「何者にも染まらない」濃く、しっかりしたでした。以前は絹でできていたとも言われているようですが綿のような感じでした(材質表示がなかったので何とも言えず)。材質表示の代わりに指名の記入欄というか、押印のタグがあり、そこに名前を記入というか、押印してありましたね。
これを着る立場も良いですなぁとも思いましたね。

次、刑事裁判の模擬冒頭陳述→証人尋問をやってみました。実際の事件記録のアレンジ版を使ってそれを基に進めるものではありますが、その質問なども載っているものの、そのままでも結構誘導気味だったりするもので。
証人尋問では弁護側を体験したのですが、異議を受ける(いわゆる、異議あり)と焦りますね、誘導と言われれば、言い方を変えるなり、質問を変えたり考えるのって。まあ、そういう心理的な揺さぶりも一つの訴訟対策だったりするのですが。

2007年04月28日

前日に年を取るって?

私、誕生日が4月でして、今月、また一つ年をとりました。もう、20代後半ですからそろそろ喜びも薄れてくるのでしょうか。

ちなみに、法律上厳密に言えば、実は我々は誕生日の前日に1つ年をとるのです。

年齢計算に関する法律によれば、年齢は出生の日を年齢の起算日として(1項)、(すなわち、初日を算入するんです。)そして、起算日に応答する日の前日にその年齢を満了し、その瞬間に1つ年をとる2項、民法143条準用)。

すなわち、仮に、4月29日が誕生日の人は29日が応答する日で、その前日の28日が満了した瞬間=28日24時の瞬間に1つ年を取ると言うことになる。
28日24時は29日0時と同様なのだが、法律上、厳密に言ったら前日から当日に変わる前の瞬間に年を取るから誕生日の前日に年をとることとなるんです。

ちなみに、これは学校教育法において小学校等の学齢の計算で4月1日までは一つ学年が上で、4月2日から一つ下の新しい学年になるということの根拠(法22条)でもあるのです。
学校教育法22条では、保護者(中略)は、子女の満6才に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12才に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校(中略)に就学させる義務を負う。(後略)としている。
ということで、4月1日生まれの子供は前日の3月31日に満6歳になるということになり、その翌日4月1日から始まる新学年(学校教育法施行規則44条)に入れると言うことになるのです。
ラベル:誕生日 民法 法学

2007年04月26日

増える受験者

新司法試験の受験者数が急増
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY200704190382.html?ref=rss(asahi.comより)

人数について法務省の発表はこちら(pdfファイルです。)

法務省発表と報道によれば5月に行われる新司法試験の受験者数は前年比2.5倍5280人になるとのこと。

新聞等の報道では急増って言うところもあったが・・・。そりゃ去年は第1期の既修者コース卒業生しかいなかったのだからね。今年は昨年の再チャレンジ組第1期未修者・第2期既修者の卒業生も受けるのだから増えるのは当たり前なわけで。

で、予想合格率は4割前後であろうと。昨年より8%減位ということ。合格者数も1800〜2200人に増えるとは言え、想定された話だが、それも受験者数増えりゃ仕方のないことか。

来年はまた増えて、で、年々増えてきて(回数制限もあるからねずみ算式に延々と増えるということはないでしょうけど)いずれはどれほどの合格率になるのだか。私の受ける2008年度も何とかこの40%台は維持できないものかね。

まあ、何にせよ自分がやらねばならんのだけどね。
ラベル:新司法試験

2007年04月19日

新潟旅行記3日目〜あ、イタリアン〜

1日目2日目と来て、さて、3日目。朝食はホテルで済ませる。やはり、ただのご飯でも新潟だと違うなあと思う。荷物まとめてチェックアウトし、新潟駅へ行き、荷物をロッカーに預け、バスに乗る。

古町へいく。そのついでにちょっと回り道で「古町通」へ。
ここは「水島新司まんがストリート」となっており、水島新司作品のキャラクターの銅像が並んでいる。
070304YamadaTaro.JPG070304Iwaki.JPG070304Abusan.JPG

ちなみに、岩鬼の葉っぱいたずらが多く、夜の間は取り外されているそうだ。くれぐれもいたずらしないように。

そして、古町をぶらぶら。新潟大和で加島屋の鮭の瓶詰めを購入。

そして、ついでにNEXT21の展望台にも登る。そういえば、ラブラに負けじとこの中に入っているラフォーレ原宿新潟のチラシを配っていたなぁ。で、来週にはここで新潟ローカルの音楽番組の公録で木村カエラが来るというのを見て軽く歯ぎしりしたりしたっけ。

昼前には万代に再びもどる。ここでお昼を食べようと。
070304MIKADUKIItalian.JPG
万代バスセンター上にある「みかづき」のイタリアンである。
太麺の焼きそばイタリアンというだけあってミートソースをかけたものである。東京の方でも時々テレビで新潟独特のファストフードとして紹介されていたのだが、前日の新潟ローカルの情報番組で見て思い出した。
これが意外と合う。ソースにトマトソースがお互いを主張しすぎず、いい塩梅となっている。ちなみに、そのほかにもカレー味やホワイトソースのイタリアンもある。東京から新幹線乗ってきてまで食べるファンも多いらしい。次来たときにはほかの味も食べたいと思う。

駅へ戻り、おみやげのとどめ。新潟特産笹団子などを買う。
YasudaYoguruto.JPG
そして、車内で飲むため、阿賀野市にある新潟の酪農発祥の地、安田のヨーグルトも買う。(安田だけにリバースとか思い出したあなたは藩士ですね。ただし、あれは対決列島の岩手のだが)
0703040keiTOKI.JPG
さて、0系でとき号が二つ並ぶという渋い絵面を見て、帰京である。おいしいものも食べたし、友人とも語らえたし、羽も伸ばせたし、いい気分転換になりました。
posted by Naru2 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅日記・お出かけ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

今更ながら新年度

新年度を迎えました。3年生となりまして、いよいよ気合いを入れないとなと感じております。

だいぶ科目も試験向けの実践的なものや実務的なものという感じでしょうか。

民事法総合、民訴法演習、刑事法総合なんて即日起案させたり、判例研究したり。民事法においては試験問題に即した事例問題から各論点を抽出したり、また、3人の教員がそろい踏みし、融合的なものから民法、民訴法、会社法個々に解説するという大変だけど実践的なものという感じがしますね。
実務的といえば法文書作成・模擬裁判や我が校では必修ではないですがクリニック&エクスターンシップなんて科目があります。

法文書作成はまあ、名前の通りで、起訴状作ったり冒頭陳述作ったり、現実にあった事件をアレンジした教材(現実の事件だけに、複製禁止、今期の授業が終わったら返還を求められる代物)を用い、進行し、模擬裁判に向けて準備していきます。民事、刑事ともに役割も決まり、徐々に動き出します。

クリニックは法律相談の助手として相談員教員に付き、事案の聞き取りや事案整理、適切なアドバイスを考えていくことを学び、エクスターンシップは弁護士事務所で書類作成や資料調査等実務を学びます。この辺は夏頃に集中的にやるそうで、責任も伴い大変そうというのが正直なところですが法科大学院らしい体験ですから楽しみでもあります。

そういえば、選択必修として先端科目群がありまして、これもまだまだ単位を埋める法曹として幅広い知識を習得するため履修するのですが、不思議なところで、なぜ、「企業法務」という科目にこれほどまでに人がどっと集まりました。
予定の教室にほぼ一学年分集まり、狭い教室だったので広い教室に移動となりました。必修でもなく、ビジネスロイヤー希望者が多いなんて話もなく、特に人気の出るような科目だと思っていなかったのになぜだ? 時間がちょうどよいのもあるのだろうけど。単位埋めるのにいい感じだったのでしょうか。私は興味もあり、おもしろそうなので取ったわけですが。

新年度もどうぞよろしくお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。