2006年10月24日

速報! 小田急高架化訴訟原告住民敗訴へ

読売新聞によると、小田急線の複々線化及び高架化事業の認可取消訴訟上告審の判決11月2日に言い渡されることとなった。

 法科大学院に通う方々で行政争訟法の授業をおとりになった方なら行訴法9条の原告適格について学び、この判例にも触れたかと思うが、昨年12月には原告適格について大法廷に論点回付されて、周辺住民40人のうち東京都環境アセスメント条例の対象地域内に住む37人鉄道事業部分(喜多見付近〜梅ヶ丘付近の約6.4km)について原告適格を有すると判断され、その後、第1小法廷が事業の実質部分について審理を進めていた(昨年の大法廷判決について当ブログ内の参照記事はこちら)。


 実質部分について、1審東京地裁ではあの藤山裁判官鉄道及び付属街路事業地内のの不動産所有者9名に原告適格を認め事業について違法と判断した。
 2審東京高裁では全員の原告適格についてもはや事業地内に権利を有する者はないとして否定事業も適法と判断した。
 今回、2審判決を見直すのであれば本案審理の中で弁論を行うのであろうが、これ無くして判決を言い渡すと言うことなので2審を支持住民側の上告棄却となる見通しと相成ったわけである。

 詳しいことはまた判決が出てから触れようと思うが、実質部分に付き、妥当な判決が出るかと思う。最高裁は正しい判断をしてくれるのであろう。利用者としては高架が認められることは当然のことであり、喜ばしいことであると思う。
 11月2日の判決言い渡しが楽しみである。

2006年10月14日

忙しくて・・・

1週間ぶりの更新で。どうも忙しくて更新がこんな調子です。

後期入りまして、何が忙しいと言えばいわゆる演習科目ゼミ形式の少人数授業)が増えた(今期3科目5コマ。前期は1科目2コマでした)ため、準備に時間がかかるようになりました。当たり前だが当然指されるので綿密な予習が必要であり、また、レポートや予習課題の提出もある。特に民法系では何時間かかっているのやら・・・。

選択科目も指すため、ケースブックの問題検討がいるのでこれも負担(演習科目よりはまだ楽な方だが)。
まあ、予習復習は法科大学院の講義では当然のことなのですが。夜遅くなることが本当に増えました。都心から郊外へ帰る人間なのでそれでも21時〜22時までには出ることにしてなるべく終わらせる努力はしてます。

やはり、2年も後期になるとやることは増えるものです。仕方ないことですな。

追伸↓19年度のポケット六法発売しましたね。

2006年10月07日

合格者の弁

先日、我が校の新司法試験合格者を迎えての簡単な講演会を聞いた。

結果としてはぱっとしなかった我が校ではあるけど、やはり合格者の方は色々と意識が違うと思った。

聞いてみて思ったことだが、何か特別な事をしているというわけでなく、やはり、小さいことからこつこつと地道にやるのが大事だということと、講義は全力で受けろ、そのために予習は欠かさない。アウトプットのために良い演習書や法学教室の演習問題を読むetc。当たり前だが地道なことが重要だと思った。

そして、意識の持ち方にも重要なこともあった。講義や日々の勉強では「何のためにやっているのか。そして、試験会場でとりあえずすらすらとペンが動くのを思い浮かべてこなせ。」という。淡々と予習復習に追われているだけで目の前のことで手一杯ではあるがその先を考えることでモチベーションが上がるというものなのだろう。当たり前かも知れないけど結構納得した。
(余談だが、この講演会のコーディネートをした或る教授も「皆さんが予習復習に追われすぎて、少しは自分のことを出来るように負担を軽くしたいのだが、教員の前では良いづらい。」と本音を漏らしていたりもした。「だから、効率よくやって欲しい。」とも仰っていたが。)


そういわれてみると、とあるラジオ番組で、オリンピックで金メダルを取る人は銀や銅の人と違うものがあるという話があった。「勝つことを考えるのは皆同じだ。金メダルの人は勝って、その後のことを考えているのだ。」と。とある金メダリストは「金メダルで表彰台に上がって、インタビュー受けて、その後コーチに挨拶して・・・。」とか、練習中に足をくじいてしまった選手は「良し。これで金取れる。」と確信したという。「足くじいて、痛み止めとかで何とか決勝まで行って、金取ったら表彰台に上がった後に降りてからそこで薬が切れてガクッと来る。」と想像したそうだ。その選手は実際に金取って降りたらガクッと来たという。

この世界だとさっきの「会場ですらすらペンが動く」とか「今やっていることは実務でこういう風に使って活躍・・・。」とか、「受かったら、誰に挨拶してこういう事言われて・・・。」とかそう考えることが夢の実現に向かうのだろう。

この話を聞いて少しは意識が変わって、やる気が出たかなと思った。課題が多くなり忙しくなったけどモチベーション上げて、効率よく済ませるよう頑張ろうと思った。

2006年09月29日

和光市の悲劇・・・

※「和光市」・・・同業の皆様ならピンと来るかと思うが「司法研修所」の所在地のこと。

さて、「落第」。ロースクールでは恐るべき言葉であり、この憂き目に遭う人もいるかも知れない(なお、筆者は(たいした成績ではないが)そういうことはないと、自分の名誉のために言っておく(爆))。しかし、これは決して受かったら遭うことのない話ではない。

つい最近、新司法試験の合格者の発表があったと思ったら司法修習の卒業試験(通称2回試験)の結果も出て落第者数について報道(読売新聞より)されている。

記事によれば、2回試験を受験した修習生1493人のうち107人が、「不合格」または「合格留保」となり、法曹資格の取得が見送られた、とのこと。落第した人数、割合(7.2%)とも、過去10年で最多で、落第者100人を超えたのは初めて、とも。

去年の同時期にも似たような記事を書いている。
この時は31人が落第、このうち不合格は1人だった。今年は10人が不合格となっている。今年はかなり増加した。

まだ、現制度下での修習なのだが合格者が増えたことで質が落ちたと言えそうな結果である。試験合格のためのテクニック主義がこの結果を呼んだとも言えるのだろうか。

そんななか、来年からは新試験に受かった約1000人が1年間の修習(現制度は1年半)を受ける新制度が始まる。

そもそも人によっては人数が増えることで質が落ちるという指摘は以前からあった。さらには法科大学院卒より少なくなった現行枠の方が質が高い、とか、言う人もいる。

新試験合格者発表後の新聞記事を見たが、とある法律事務所では「エクスターンシップで来た院生の方が1年目の弁護士の方が使える」なんてお褒めの言葉もあった。やはり、膨大な予習、復習をこなすことで事務処理能力も上げ、さらに現制度の前期修習のように書類の書式や起案についてを学ぶことで現行合格者にはない素養がロースクール生の方があり、これからの修習生は質は上がるのではないかと私は考える。

去年も言っているかも知れないが、今の生活や試験に疲れるようなことなくその先を見つめ、やっていこうではないかと思う。そして、質が下がったなんて言われないようにレベルを上げていかないと。

2006年09月26日

新学期始まる

いよいよ、今週から新学期が始まりました。

前回の記事にも有るとおり、かなり芳しくない新司法試験の結果が出たもののいつもの活気が戻ってきてとりあえずホッとする。一方でやる気になるものです。

新学期一発目がゼミ形式の授業だった。結果は深刻とはいえ、とりあえずどんな勉強したらいいのかと言う話や、時事法律問題(危険運転致死傷の問題とか)を授業するなど初回のウォーミングアップにちょうど良い授業でした。

でも、この授業「実務系」の授業なんだけどね。でも、判例研究とかやるという授業となっている。他のクラスではいきなり「起訴状」1本書いて提出という課題が出ているのだが・・・。

2006年09月22日

新司法試験合格者数発表・・・に寄せる雑感

平成18年度の新司法試験の合格者が昨日発表になった(→ニュースソース(asahi.com)ちなみに、詳細なデータは法務省へ)。

今年度は第1期の既修者の方々が対象となる。合格者数1009人。合格率48.3%ととなる。各学校ごとのキャパもあるが発表された中で合格者数の上位3校は以下の通り。( )内は合格率(自己計算)。

1 中央大・・・131人(54.8%)
2 東大 ・・・120人(70.5%)
3 慶應大・・・104人(63.4%)

とは言え、前述の通りで学校ごとのキャパによって受験者数もばらつきがある。そこで合格率(自己計算)の順位を出してみる。ちなみに受験者数が10人未満の所は除いた順位です。

1 一橋大・・・83%(44人/53人)
2 愛知大・・・72.2%(13人/18人)
3 東大 ・・・70.5%(120人/170人)

対象外にしたのだが、島根大が1人中1人100%)というのがある。(これはこれですごい。)

=============================

え、さて〜、ここで思うこと。確かに1000人程度合格者を出したようだ。合格率も48%となった。そもそも法科大学院の構想段階では70〜80%と言われた合格率であったが現実にはこれがせいぜいだろうか。この位が来年以降も続くと良いのだがとつくづく思う。

そして、私の所だが(ただし、ここで所属校を明らかにしていないので受験者数や合格者数は出さずにお話しします)、少人数でやっているところなので受験者数はそれほど多くはない(20〜30人程度)。しかし、合格者数を見てかなり驚愕したがく〜(落胆した顔)。校内合格率にしても48%なんて遙か上である。

そりゃ、先生が前期でかなり深刻そうに「気を引き締めなければなりません。」なんて話をする位である。芳しくない結果だとは思っていたがせいぜい20〜30%は受かっているかと思っていたが、まさかあんなに低いバッド(下向き矢印)とは・・・。記事のために合格率を計算していたが、自分の所を出した後は計算していてむなしくなってしまうもうやだ〜(悲しい顔)くらいだ。

周りの友人らは、やはり顔が暗かったがく〜(落胆した顔)。いくらの所があっても、合格率がもっと低いところが有るとは言えどもこれほど深刻なことになろうとは・・・。

まあ、どういう結果であれ、これを機に奮起して、自分がレベルを上げて合格すればいいと前向きに考えるべきではある。

しかし、今後どうなることか。授業の方針、カリキュラムなど。かなり見直しが出るのだろう。既に来年からカリキュラムが変わるらしいが。
あとは先生方は気を引き締めていくのだろう。ただ、この結果にかなり深刻な顔していた先生は正直言って、申し訳ないが授業の仕方があまり上手くない。こういう人がただ、評価をきつくするとか再試をばんばん出すとかされても甚だ迷惑な話である。下手な先生は今一度自身の教え方、授業進行を見直すべきであろう。全体的には指導方法や授業方法を見直し、適切な課題を出し、適切なポイントを指導する。とにかく理解のしやすい授業を期待したい。
我々はその授業から知識を吸収できるよう予復習は欠かさずやるべきであろう。基本に立ち返ることが肝要なのかなと。あとは択一の対策はすべきなのだろうかな

2006年09月17日

患う

1週間を振り返ると「患う」という一言に尽きるような週でした。

まず、風邪をひく。39℃とか出すようなやつ。病院行くにも動けないので市販の薬だけで治しました。

そして、この影響か腹痛が続く。今もまだ、軽いが時折起きる。ちょっとつらい。

で、風邪が治ったかと思ったらなぜか耳鳴りが起きて、これは病院で診てもらったが結論が「突発性難聴」と。
紹介状もらって近所の医大病院に行くような事となりました。(最初に診てもらったところでは入院もあるかもなんて言われただけに。)今は薬を飲み、また検査を受けるところです。まあ、こちらは薬でほぼひき、聞こえが悪いと言うことはほぼなくなったが。

こう考えると健康というのは大事ですなあ。後期が始まるので早く全快でありたいと思うのだが、逆にこれで後期が始まってから体調をすぐ崩すようなことにならなきゃ良いと思うが・・・。
posted by Naru2 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

箱根そば

mixiの方は書いてたのだが、こちらがサボタージュ気味になってしまった。ということでこんなネタを。(mixiからの移植ですが。)

9月5日火曜のsakusakuの駅そばキングで出てきた新百合の箱そば。地元では意外とよく言われる話だが、「箱根そば」の中では美味だという。

なので、事前に食べてみた。

060904hakosoba.JPG

メニューはかき揚げそば(\350-)。

食べてみると、確かに箱そばの中ではうまいそば茹で上がりもちょうど良いし、かき揚げは揚げたてとはいかなく、少々冷めているとは言え、あまり油が出てくることもなく、からっとしている
つゆにつけて、しなっとしたところで食べるにもちょうど良い感じである。

此所が美味い理由として考えられるのが、そばのゆで具合やかき揚げの上げ具合を見ている人が上手ということがある。

ここは改札から1,2分の駅ビル内であるが、バスターミナルの目の前(目の前のバス停が本数の多い路線でもある。)であり、近隣の会社の方や買い物中の主婦、早上がりの学生など客層が広くお昼は結構混む。回転をよくするためか割とベテランの人が回されるため、茹で上げ、揚げ具合の見極めが良いのである。

しかし、一方でよく混む私も使う某ターミナル駅の方はハズレが多いんだよな。(値段が少し高いのに)かき揚げが芯が生だったりしたことがあったなあ。そういうことがない新百合は良いねえ。
posted by Naru2 at 18:51| Comment(4) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

sakusaku夏祭り落選組オフ会

8月29日火曜日、関内ホールではsakusaku夏祭りでキャッチアウェーブする日。惜しくも落選はがきが来た(→記事参照)私はmixiのコミュで募っていた夏祭り落選組サクサカーオフ会に参加した。

会は昼・夜の2部編成であった。まず、、(やはり)関内に集合。関内近隣をぐるぐる回る。昼の部は7人の参加。まず、関内ホールへ行く。

060829KannaiHall.JPG

ホールの前は既に当たった方々が並んでいる。そんな行列の群衆冷たい(?)視線を浴びる中、ホール前(裏口?)ではがきを持って集合写真。そして、そそくさと正面口のポスターのある看板前でもパチリ。そそくさと撤収。立つ鳥は跡を濁さないのだ。

060829tvk.JPG

そして、聖地(?)tvk。ここでも集合写真をパチリ。

とりあえず、回りたいところは周り、時間が空き、ファミレスでまったり。その後、
060829CarryMuseam.JPG

カレーミュージアムに行く。夜の部もあるのでカレーは味わうことはなく、その空気を味わう

そして、下のゲーセンにてプリクラを撮る。
プリクラなんて数年ぶりである。ましてや最近は男は入れないからなあ。
ということで、参加者7人で思い思いに映る。
しかし、最近のプリクラは面白い物で撮影フロアと落書き専用フロアと別れていて落書きフロアの方で思い思いに落書きできるそうだ。多少私も書かせてもらったが、凄いのが今回の幹事さん(女性)。ひたすらに、試験中のロースクール生の如く、集中して画面に向かって落書きする姿は職人のよう。見事なプリクラを皆で分け、もらう。

そして、近所にあるので試合のない横浜スタジアムを見学。ここで昼の部は終了。
関内駅で昼の部で終わる方をお見送り。別れた方は涙を流して別れを惜しんでいた。思わずこちらも感動。

そして、夜の部。15人の参加。ただし、男:女=14:1。1はしかも幹事の女性という逆ハーレム(←久々に使ったなあ、この言葉。高校の部活以来(笑))
場所はDEPAPEPEも来た「釣りダイニング&カラオケ龍宮 横浜関内店

釣り船上に席があり、釣りが出来るらしいが、そこの個室で軽く飲む食事会。食べ、語らい、実に面白かった。で、なんと言っても面白いのが締め。

060829hazurehagaki9.JPG
参加者の残念見舞いとヴィンセントを並べてみる、恨みのパワーが伝わるか(笑)?

そして最後はホールでもやったであろう「平沼の〜ガスタンクッ!!→参照「ドーンof巨神兵2006」さん)」を幹事さんの音頭で。「ガスタンクッでみんなでおしぼりを投げ上げる。十何枚のおしぼりが一斉に上がる風景は圧巻だった。


ということで、私としては人生初のオフ会でした。まさか、ここまで初対面の人とうち解けて話したり、色々行動できるとは。人見知り傾向が強い私としては上出来だと思いました。まあ、考えてみれば全員サクサカーだし、mixiで見えないながらも人間像は少しはつかめているということで案外うち解けられたのかも。
またこういうオフ会や集まりがあると良いなあ。今回参加した方々は皆さんまた集まりたいという感じでしたし、本当に楽しく充実した1日でした。
posted by Naru2 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

審査員のいないNコン

読売新聞の記事より。

NコンNHK全国学校音楽コンクール)の大分大会で予定していた審査員に連絡を怠り、1日目は予定していた5人中1人しか来ず、たまたまいた専門家に代役を立てるなどし、2日目は前日の代役2人と予定していた3人の計5人の審査員で大会を催したとのこと。


ずいぶん杜撰な話だが、こんな事って有るんだな。ただ、Nコンに向けてまじめに取り組み、参加する側としては失礼な話だと思う。

ただ、Nコンの審査員って県大会だと県の教育委員会や教員さんのお偉いさん、せいぜい学者さんとかが多く、それほど指揮者、作曲家等専門家がいないことが多い。それだけに音楽性とか技術より「学生はこうあるべき」的に、元気があるとか爽やかさがポイントになることが多いと言われる。(こういうことをよく我が合唱部顧問が愚痴ってましたし。)

どういう審査員を予定していたかとかどういう専門家に代役を立てたかよくは分からないが(←mixiから移植しているので打ち消します。)

大分大会の概要を見ると6人審査員がいたのでこの方々が当日の審査員なのでしょうか。指揮者が2人。学者が4人(1人はオペラ協会会長のようだ)また、記事によれば(学者さん4人の内か、)声楽家2人がいる。この方が音楽コンクール的に良い審査だったりしたりするでしょうか。
posted by Naru2 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。